北海道大学 研究シーズ集

注目シーズ 『新技術説明会に出展:橋本守教授のシーズをご紹介』

2020年11月19日に開催される新技術説明会にて、本学大学院情報科学研究院の橋本守教授が
「光ファイバーバンドルを用いた非線形ラマン散乱内視鏡の開発」をテーマに発表を行います。

新技術説明会は、科学技術振興機構(JST)が発表の場を提供し、大学等の持つ研究成果を実用化することを
目的として、研究者が直接プレゼンを行う特許の説明会です。

本発明は、光ファイバーバンドルを用いた細径のCARS(coherent anti-Stokes Raman scattering、非線形ラマン散乱の一種)内視鏡の実現を阻んでいた、
光ファイバーバンドルからの4光波混合発生を、励起光を別個のコアで伝送することで抑制する手法を開発したものです。

今回は新型コロナウイルスの影響を鑑み、Zoomビデオウェビナーによるオンライン開催となりますので、
聴講の際には下記サイトよりお申込みください。
https://zoom.us/webinar/register/WN_5Zs03AqKTKO90MkoDLRVIQ

また、下記特許技術に関する発表も行われますので、併せてご視聴ください。
・非接触型レオロジー物性計測装置、システム、プログラムおよび方法 大学院工学研究院 機械・宇宙航空工学部門 准教授/田坂 裕司
・メタン発酵消化液の栄養塩分離による微細藻類の培養技術 大学院工学研究院 環境工学部門 助教/佐藤 昌宏
・誰でも確実・簡単に!分析試料準備のための圧着ユニット 電子科学研究所 創成研究機構グローバルファシリティセンター(兼務) 技術専門職員/武井 将志
・大腸ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の新規牽引クリップ 大学院医学研究院 内科学分野 客員研究員/宮本 秀一 
2020年11月11日