北海道大学 研究シーズ集

Social Infrastructure

免震構造の極限挙動解析

巨大地震への備えとして

当研究室では免震構造の高度な解析技術を開発しており、巨大地震に対する免震建物の極限挙動の予測、および巨大地震に備える各種対策を提案することができます。

研究の内容

免震建物では、地震時に免震装置が柔らかく変形することにより上部建物に発生する応答加速度を大きく低減し、耐震安全性を向上させることができます。一方で、南海トラフ巨大地震などによる設計想定を超えた地震動に対しては、建物の擁壁への衝突や免震装置の座屈・破断などの極限事象が生じる恐れがあります。免震建物の極限挙動を精緻に予測する解析技術を用いることにより、極限事象の発生を予見したり、その発生を抑えるための対策を検討したりすることが可能となります。

  • ◆免震建物の極限挙動◆

  • ◆免震建物の地震応答解析◆

  • ◆免震積層ゴムの熱伝導解析◆

社会実装への可能性

  • ・免震装置の大変形復元力モデル
  • ・免震積層ゴムの3軸連成挙動力学モデル
  • ・免震積層ゴムの熱・力学連成挙動解析システム

産業界や自治体等へのアピールポイント

2011年東日本大震災では、免震構造の防災拠点建物が震動による被災を免れ救援活動に大活躍しました。一方で、発生が懸念される南海トラフの巨大地震では、免震建物にとっては脅威となる長周期地震動の発生が予測されています。当研究室で開発されている解析技術により、免震建物の極限挙動の予測および各種対策を提案することができます。

関連情報

2018/4/3公開