北海道大学 研究シーズ集

Life Sciences

独創的糖鎖誘導体ライブラリの作成技術 × どこでも使用可能なマイクロアレイ解析システム

比能 洋 教授 次世代物質生命科学研究センター 副センター長 Hiroshi Hinou
博士(工学)

糖鎖自動合成技術を活用した独創的ライブラリ × オンサイト医療や研究を支えるマイクロアレイ技術

糖鎖関連相互作用は感染症やがん診断等において重要な標的である。糖鎖自動合成技術開発の過程で構築・蓄積した糖鎖、複合糖質、糖質関連阻害剤、およびその誘導体ライブラリの活用法としてどこでも利用可能なマイクロアレイ装置の開発を行った。

研究の内容

マイクロアレイ技術は構造や配列が明確な多数の化合物ライブラリと検体成分との相互作用を一斉比較解析可能な技術です。また、我々は糖鎖自動合成技術を核とした独自糖質化合物ライブラリをマイクロアレイ解析用分子として設計・制作するための最先端技術を有しています。糖質が有する相互作用情報は、血液型やO157等の血清型、がん診断マーカー(CA○○○)など、体外診断用バイオマーカーとして幅広く使用されています。さらに、感染症の変異に伴う感染パターン解析やワクチン効果の詳細な解析など、検体収取とマイクロアレイ解析をスマートホンを端末としてその場で行い、オンライン診断に使用可能な独立電源型モバイル解析装置の開発に成功しました。

  • 糖鎖自動合成技術からの飛躍

  • どこでもマイクロアレイの未来

社会実装への可能性

  • 人獣共通感染症のフィールドワークによるモニタリング、ワクチン評価、診察室診断、自宅診断、生物資源の探索等、ポストコロナ時代、超高齢化社会時代、SDGs時代に即した感染症対策、健康指標の追跡、生物資源の探索等に活用可能

産業界や自治体等へのアピールポイント

どこでもマイクロアレイ解析技術は普及を優先し、それと並行して独自コンテンツで勝負したいと考えています。普及優先の考え方に賛同いただける共同研究、および提示コンテンツの独自性で勝負する共同研究、いずれも大歓迎です。また、独自分子の表面提示技術を活用したマイクロアレイ以外の用途開発も大歓迎です。

関連情報

2021/8/23公開

◎ 共通のキーワード

◎ この研究シーズを見ている人はこんな研究シーズを見ています

◎ 同一研究者の研究シーズ

注目シーズ 一覧を見る