北海道大学 研究シーズ集

Open Facilities

オープンファシリティ

グローバルファシリティセンター Global Facility Center

設備は「所有」から「共用」の時代へ

北海道大学が所有する高度な研究設備を学内外の研究者に開放し、共用化することにより本学及び地域の研究水準の向上に繋げることを目指す設備共同利用システムです。

研究の内容

約200台の研究設備が登録されているオープンファシリティは、利用設備の講習を受講すれば、利用者は利用料金だけで最先端設備を利用できます。また、操作方法や技術相談などにも、高度な技術力と豊富な知識を持ったスタッフが親身になってアドバイス致します。
装置利用の予約はWebページ「装置予約管理システム」で24時間受け付けます。
まずはホームページのメール送信フォームから利用希望装置についてお問い合わせ下さい。

社会実装への可能性

  • ・分光分析装置
  • ・電磁波分析装置
  • ・画像分析装置
  • ・バイオ関連分析装置
  • ・成膜・加工装置
  • ・分離分析装置

産業界や自治体等へのアピールポイント

登録装置は、本学の教職員・学生・研究員はもちろん、本学以外の大学・研究機関等に所属する方、本学の教職員等と研究協力関係にある産官学の研究者等、基本的にはどなたでも利用可能です。
一部装置については、時間貸しだけでなく依頼分析も承っております。

関連情報

2019/3/19更新, 2018/4/3公開